02
2017

魔法少女モモの販売申請をしました

CATEGORY未分類
紹介画像

販売予定日は特に定めていないので審査が通ればすぐに販売されます。

バグ報告等はこの記事にお願いします。


☆攻略のヒント☆(随時更新)

3章のナカナカ街の塔で詰まったら
ファイア・アイス・シャインの3つのスキルを上手く使えば道が開けるかもしれません。

11 Comments

ヒマジソ  

製品版を購入、プレイさせていただいております。
楽しませていただいてありがたいのですが、ナカナカ村の管理塔を鍵使って入ったのはいいのですが、階段のところに氷のオブジェクトらしきものがあり先へ進めません。先へ進む方法があれば教えていただきたいです。
長文失礼しました。

2017/07/04 (Tue) 12:59 | EDIT | REPLY |   

ホワイトマグナム  

ご購入ありがとうございます。

氷のオブジェクトは魔法スキルのファイアで溶かすことができます。
もし消えなかったらバグですので対応いたします。

ナカナカ村の塔はスキルを使用するようなギミックが多いので
詰まったらとりあえず3つのスキルを撃って頂いたら何か道が開けるかもしれません。

2017/07/04 (Tue) 13:34 | EDIT | REPLY |   

ヒマジソ  

素早い返信ありがとうございます。
3つのスキルでどうにかなりました。

2017/07/04 (Tue) 14:38 | EDIT | REPLY |   

通りすがり  

エラー発生

『廃マジカル城』にてエラーが多発、フリーズします。
 地下にある牢獄エリアから先に進めない状態です。

エラーメッセージ
=================ここから

Error
Uncaucht Error : Header is wrong

=================ここまで

カナカナ街の塔内でも1度発生しました。

システムの関係で『こまめにセーブ』が出来ないため、探索が進むとわざと敗北してセーブしている状況です。


★当方の環境
os : win10 (64Bit)
cpu : intel 2600K
mother : asus MaximusⅣ Gene-Z / Gen3
memory : 16GB (4GBx4)
graphic : asus STRIX-GTX1060-DC2O6G

宜しくお願い致します。

2017/07/09 (Sun) 14:49 | EDIT | REPLY |   

ホワイトマグナム  

すみません、私の環境ではフリーズは確認できませんでした。

スペックやエラーメッセージを見る限り、スペック不足で落ちている可能性は低く、
ファイル破損の可能性が高いと思います。

もしかしたらダウンロードしたファイルが破損している可能性があります。
ダウンロードされた販売サイトはDLsiteでしょうか?DMMでしょうか?
今DLsiteからダウンロードしなおして廃マジカル城まで進めてもフリーズは発生しなかったので、アップロードしたファイル自体には問題はないみたいです。

ファイル破損の場合、もう一度販売サイトからダウンロードしなおしてやってみると直るかもしれません。
セーブデータはwwwフォルダ内のsaveフォルダを丸ごとダウンロードしなおしたファイルに置き換えれば従前のセーブデータを使用できます(念のためバックアップとしてコピーしておいてください)
よろしくお願いします。

2017/07/09 (Sun) 16:14 | EDIT | REPLY |   

通りすがり  

早速の返信、ありがとうございます。
 ちなみにダウンロード元は、DMMです。

さて、今回の一つ目は、saveデータの移行についてです。
 再度ダウンロードして別ホルダーにインストールしました。
 以後、旧ホルダーを『不具合A』、新ホルダーを『新規B』とします。

不具合Aのセーブデータ7つを新規Bにそっくりそのままコピーしてゲームを起動したところ、『コンティニュー』が灰色のままで『ニューゲーム』しか選択できないという面白い結果に!
 そこで…。

1)新規Bをニューゲームで開始、セーブポイントでセーブデータを7つ作成してからゲームを終了。
2)不具合Aのセーブデータ7つを再度コピーして、新規Bに上書き保存。
3)再び新規Bでゲームを起動。

これでやっとセーブデータが7つとも新規Bに反映されました。
 ツクールのMVって、こんなにセキュリティが硬かったでしたっけ?

二つ目は、メインの案件である『Uncaucht Error』です。
 新規Bを起動して地下牢獄エリアを30分ほど徘徊したところ、再び発生してしまいました。残念です。
 一度発生すると、短い周期でポンポン再発するような感じが歯がゆいです。

当方の対策ですが、新ホルダーを複数作り置きしてみます。
 エラーが発生したら、セーブデータをコピー後にエラー発生ホルダーをデリート。
 ゲームは新規ホルダー側で起動して、続きを進めようと思っています。

進展がありましたら、報告の方をよろしくお願いいたします。

2017/07/10 (Mon) 13:46 | EDIT | REPLY |   

ホワイトマグナム  

お手数をおかけしてすみません。

saveデータの移行について私の環境では新しくセーブデータをつくることなく移行できました。
もしかすると通りすがり様のパソコン環境と本作品で使用されているRPGツクールMV自体の相性が悪いのかもしれません。

本作品のv1.00ではゲーム自体に暗号化を施していて、ゲームの中身が容易に解析できないようになっていました、他のサークルのRPGツクールMVで制作されているゲームと違う点といえばその点ぐらいです。
もしかしたらそれが不具合の原因になっていたかもしれないと思い、暗号化を解除したv1.01版をDMM、DLsite各ストアにアップデートの申請をいたしました。
これで他にRPGツクールMVで制作されているソフトと同じ環境になりましたので、もしこれでも直らないようですと、お使いのパソコンとRPGツクールMVとの相性問題ということになり、申し訳ありませんがこちらでは技術的に対応が難しい状況です。

なお、v1.01にアップデートして暗号化を解除したことにより、ゲーム自体の軽量化も副次的に行われます。

販売ストアでアップデートが行われ次第、販売サイト側でアップデートの告知が出てアップデート版をダウンロードできますので、お手数ですがダウンロードをお願いします。
DMMですとアップデートファイルの審査がDLsiteほど早くないのですが、2営業日以内にはアップデートされると思います。

v1.01でのセーブデータの移行方法ですが、wwwフォルダの中にsaveフォルダを丸ごとコピーしてください。
もし今回のようにそれでセーブデータが認識されない場合、今回されたのと同じようにv1.01(新しい)の方を起動して一度セーブできる所まで進めてセーブ、そうするとwwwフォルダの中にsaveフォルダができて、その中にセーブデータがつくられますので、そのデータを移したいセーブデータで上書きしてください。

なお、通りすがり様の環境では相性の問題で何が起こるかわからないため、念のためセーブデータ自体とv1.00(旧ゲーム本体ファイル)のバックアップを事前にお取りください。

お手数ですがよろしくお願いします。

2017/07/10 (Mon) 18:06 | EDIT | REPLY |   

通りすがり  

アップデート、ありがとうございます

早速、バージョンアップさせて頂きました。素早い対応、ありがたく思います。

まずはsaveです。
 お陰さまで、saveホルダーごとコピーするだけでセーブデータが認識するようになりました。

次に『Uncaught Error』の件ですが、再インストールしてからは全く発生しなくなりました。
 お陰様で、クリアする事が出来ました。感謝です。


ここからは感想です。

グラフィックの事はコッチに置いといて、ゲームシステムについて。
 セーブポイント制にしたり、ヒール系の魔法をオミットしたゲームは久しぶりなのです。さらに不要なロード機能をカットしてシンプルさに徹した辺りは非常に好みです。やはり、この手の割り切り方は重要ですよね。

ゲームの流れについて。
 謎解き要素をスキル覚えた後半に持って行ったのは良いですね。最初はバトル・メインの方が取っつき易いですから。

ゲーム上でのヒントについて
 ヒントの少なさに関しては大して気になりませんでしたが、さすがにここの記事に記されている『攻略のヒント』3つのスキル関連だけはあった方が良いように思います。
 本編に記述がないのなら、実装するべきレベルかと。例えば、帰ってきた村娘さんに言わせるでも良いと思うのですが、いかがでしょう?
 結局、ゲーム内から伏線を見つけるのはユーザー側の仕事になりますが、その手の演出こそクリエイターさんの腕の見せ所だと思うので。

スキル3つについて。
 通常攻撃との差が一番大きい、フロストを多用していました。これは使い勝手が良くて便利でしたね。
 シャインは隠し通路を見つけるくらいにしか使いませんでした。なにより初速が遅いヘロヘロ弾ではボス戦に使えませんし。貫通力も中途半端でしたね。フロストがあるからこそ、スキルMAXでレーザービーム状になり壁まで貫通する代わりにMP50消費とかのギャンブル兵器化しても良かったカモです。
 ほぼ使わなかったのが、通常弾の上位互換であるファイヤーです。例えば、ボタン連打で連続発射可能なトリガー・ハッピー仕様でしたら、もう少し印象が変わったカモです。あと、ノックバック特性に特化してハデに後方へ吹き飛ぶとか、一瞬フリーズするとか、通常弾との差別化にもっと凝って欲しく思いました。

つづきます。

2017/07/14 (Fri) 17:18 | EDIT | REPLY |   

通りすがり  

続きです

づづきです。
 ここからは要望になります。

まずはクリア特典のCG部屋です。
 現状ですとセーブデータの位置が固定されてしまい、移動できません。どこかにセーブポイントを追加して頂けませんか?
 ついでに、ゲーム上から終了できないのはスマートさに欠けるものの『仕様です!』として無理やり納得しましたが、部屋のドアを開けると初期画面に移動できる位はして欲しく思います。
 せめて『ニューゲーム』か『コンティニュー』くらいは選びたいので。


システムとして、ザコ敵の敗北イベント時にテレポートで必ず拠点へ戻れる仕様になっています。
 そうではなく『テレポート失敗』との選択式にして、敗北したフィールドに戻れる様にして欲しかったです。
 攻略が目的なら、確かに拠点へ戻って体制を整えた方が良いと思いますが、フィールドや敵を確認するための威力偵察、要するに敗北グラ目的ですとコレがストレスになるのです。
 せっかくゲームをサクサク進められるのに敗北グラ確認のせいで『拠点に戻される』を繰り返すと、テンポの良さが裏目に出てしまい、流れブッタ切り感が強くなるのです。
 それを避けるため、途中から新フィールドに行くとまずザコ敵をさがして敗北グラを確認しまくったワケですが、フィールドとの行き来が面倒だわ、作業ゲーっぽくなってしまうわで、テンポの良いゲームなのにダレてしまいました。さらにポーションやエリクサーを満載する意味合いの薄さにも気づかされました。
 これは体験版の時からの不満で、一番解消して欲しい案件です。
 例えば、HP・MP共に『1』の状態でフィールドに戻されても1~2秒の無敵時間の付与、つまりXキー・メニューを開く時間さえ頂ければ、満載したポーションやエリクサーでリカバリーは可能です。そして、これだけで戦術の幅とプレイヤーの自由度が増えるのです。
 魔法少女の弱さゆえ、敵に囲まれてボコられるのも仕方ない事ですし、これもハック&スラッシュ要素の一部だと思うワケなのす。
 偉そうな事ばかり書いて恐縮ですが、逆に言えばゲーム性の不満は『この程度』しか見つからなかったという事でもあります。

上記の反映に伴い、セーブポイントに『ロード』機能の追加をお願い出来ませんか?。
 フィールド上のセーブポイントですが、保険でセーブするものの積極的に活用しませんでした。一度ゲームを終了させて初期画面からコンティニューを選ばないとならないからです。
 当方ではテンポの良い流れを断ち切りたく無かったので、戻された拠点から再出撃を繰り返しておりました。
 ロードを実装することで、この縛りを緩和できると思うのです。
(もちろん『失敗』を実装しなければロードなんて要りませんし、この割り切り方は好みです)


まぁ、そうはいっても新作に取りかかっているとの事ですし、反映はなかなか難しいと思いますので、似たような作品を作るときに考慮して頂ければ幸いです。
 長文、失礼しました。新作は必ずお布施しますので頑張ってください。
 ではでは~。

2017/07/14 (Fri) 17:19 | EDIT | REPLY |   

ホワイトマグナム  

こんにちは。
不具合が発生しなくなったようで何よりです。

おそらく暗号化されたゲーム本体の処理が一部の環境では対応してなかったのが原因なのではないかと推察します。

感想の件、今後の参考にします。
魔法少女モモではグラフィックを当サークルが担当、ゲームのシステム全般を他のサークルが担当してサークル合同でつくられた作品であり、おおまかなゲームの仕様については(スキル制など)要望を出しましたが、謎解き要素などについては協力サークルさんの成果です。
多分協力サークルさんもこの記事のコメント欄を見ていると思うので、感想は伝わると思います。

ゲームのロードがしにくいのは仕様ですが、RPGツクールMVでつくられたゲームはほとんどがF5を押せばリセットできますので、『魔法少女モモ』においてもそちらからロードしていただくと簡単にタイトルに戻れます。ちなみにF4を押すと全画面表示できますので、今後RPGツクールMVを使用してゲームを製作するサークルも多くなってくると思うので覚えておくと便利かもしれません。

追加のアップデートについては開発チームが解散しているため、反映は難しいです。もっと売れていればCGを追加したり内容面でのアップデートもあったかもしれませんが……。

ご意見ありがとうございました。
『魔法少女モモ』のゲームシステム面での制作はサークルDolkavtahn様ですので、システムが気に入られたらそちらの方もよろしくお願い致します。

2017/07/14 (Fri) 20:07 | EDIT | REPLY |   

通りすがり  

F4は知っていましたが、F5は気付きませんでした。覚えておきますね。


本作品の製品版を購入した理由は、グラフィックです。
 稚拙とはいえ、好きで描いている感じが良く伝わって来ましたので。個人的には、こなれた感じの絵より、勢いのある絵の方が好みなのです。
 それに、好きで描き続けていれば、そのうちに上手くなりますから。
 ただ、イベントCGをみるとデッサンの勉強をしていないのが丸解りなので、少々残念でした。

コミカライズされたIS(インフィニット・ストラトス)の旧版(コミックアライブ版)を見たことがありますか? 評価は軒並み「顔が平たい」です。
 原因は簡単。あごの頂点の位置がおかしいのです。
 その作画担当者はそんな事も判らなかったらしく、頬から顎にかけて不必要にえぐって技量で誤魔化そうとしていました。
 つまり、絵はそこそこ上手い反面、デッサン力が無かったのです。
 この事から、描画力とデッサン力は別物であることがわかります。

その昔、美術部だった友人に言われた事をまとめますと…。
「絵を描くなら、3次元という空間を把握する能力と、それを2次元に落とし込む能力が必要」
「見る力は絶対にいる。今見ているモノと絵に描いたモノとで、何が悪くてどうすれば良くなるのか把握する必要がある」
「それには、『絵描き脳』にする為の脳改造が必須」
 なので、脳改造のために石膏像やリンゴなどの3次元の静物でデッサンして、デッサン力を磨くのが重要との事。彼曰く、デッサン力とは『努力と根性』だそうです。
 ゲーム系のクリエイターさんが「デッサン力はアスリートの筋トレと同じ」と言っておりましたが、そこはかとなく納得です。

本作品の感想でグラフィックに触れなかったのは、どうしても辛辣になってしまうからです。
 別の友人が「真実に勝る、悪口なし!」などと言っておりますが、そんなワケで気分が良くなるモノになるハズもなく、敢えて触れなかった次第です。
 単なるコンシューマーでしかない当方が、言って良いことなのかどうかという問題でもありますので。

新作、頑張ってください。ゲームにとってリビドーはとても重要なので、忠実に従って下さいね。
ではでは~。

2017/07/15 (Sat) 14:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment